女性と花

大阪出張で金髪の人妻風とデリヘルでラブラブ

業関係の仕事で得意先の現地に時折、出張に行かなくてはならない。 楽しみは大阪の本社営業部で、特に大阪の堺支店に出張するときが楽しみであった。

打合せの仕事が終わって一段落してから、南海本線で難波へ出かけるのです。
勿論、大阪の難波といえば代表的なミナミで、繁華街、盛り場んどの食い倒れ横町でも知られます。 軽い食事を終えて盛り場をうろつきながら、久しぶりに風俗の看板の「デリヘリ」へ赴いた。

可愛いらしい女の声と同時に、「ご氏名の方は、おいでやすか」聞いてきたので、「別に、いねえよ、こっちも年輩者だから年増の女でもいいよ」というと、「そいじゃ人妻さんタイプで宜しいわな」といい、「おお、いいよ」、すると間もなくしてやや熟女系の金髪ロングの女が現れた。

ホテルはすぐ近くのラブホテル風であり、部屋へ入るなり、いきなり首に絡み付いてきて、私の首筋の周りを唇で嘗め回す。 一寸、ドギマギしながらも、「挨拶かわりよ、よろしくね」関西訛りがない女だった。
最近になって「デリヘル」を始めたばかりという、30代後半の金髪の人妻風の熟女であった。 女は「その前にちょっとシャワーに行ってきます」と言う。

彼女の濡れる肢体をみながら、久しぶりに息子が元気になった。 小生もシャワー室に入り、二人で仲良く浴室で倒れこんだ。 もつれあいながら早速、「大坂では入れてもいいのかい」と聞くと、「それだけはダメなの、でも、お口でしてあでる」というと、パックリと咥えこんで始まった。

早速、お口と手コキの同時並行二本立のマッサージで、小生の一物は我慢しきれず射精してしまった。 「あら、大量に出たわね」、「久しぶりでね、まだ時間がタップリだから次は正規のベットで2回戦だな」というと、「貴方、東京の人やね、特別サービスよ」

女は素直に受け入れて、コーヒーで雑談を交わした後、再びベットで激しく燃えた。 女のサービス振りに、特別チップを弾んだ。

what's new

大阪出張で金髪の人妻風とデリヘルでラブラブ

業関係の仕事で得意先の現地に時折、出張に行かなくてはならない。 楽しみは大阪の本社営業部で、特に大阪の堺支店に出張するときが楽しみであった。 打合せの仕事が終わって一段落してから、南海本線で難波へ出かけるのです。 …

more...

風俗嬢とお近づきになるには

彼女らも理由があって働いているのです。そのために、好きでもない貴方たちの相手をしているのですから。 お金が必要なんです。そのためには騙すこともあります。 自分は大丈夫と考えているでしょう?でも、次もまた行きたいと思っ…

more...

最近の風俗はデリバリーヘルス(デリヘル)が主流

先ず、女性に関して言えば、風俗店で働くというのは世間からすると、やはりチョットマイナーなイメージを抱かれるのは、今も昔も余り変わりはないと思われます。 しかし、当節の風俗で働く女性達は、さほど昔のように深刻な状況で勤めている人は少ない…

more...

良い気分で遊ぶことができたデリヘル

デリヘルでは良い気分で遊ぶことができることを重視しています。良い気分になるために重要なことは、何よりも相手になる嬢だと思っているので、毎回嬢選びに余念はありません。ただしいくら良い嬢を選んだ自信があったとしても、嬢と実際に会って会話を…

more...